俳句

2010,年、NHKラジオ第二放送で坪内稔典さんの「時代を生きる子規」を聴き、自分にも作れるかなと思い、作り始めて今に至っております。

自分で気に入っている句を以下に挙げてみました。

 

 

喰われても喰われなくても柿たわわ

全天の星が見守るお正月 

ジョッキーに生けし菜の花も夢を追い

鯵買いて三日月かかる家路かな

雪残る山並遥か鄙の駅

野辺に来てそっと土筆も花見かな 

牡蠣ひびの朽ちたる彼方秋の空 

懐かしきことの積りし我が秋ぞ 

散り逝くも水面に遊ぶ桜かな

偉そうな柿の実の下通り往き

鉢植えのハイビスカスや夕涼み

帰り道眼鏡に羽虫の一休み

朝焼けの火の見を見るは屋根の霜

山吹や咲きし実家も今は無し

 鶯の初音や遠き朧雲

春暁の軌道進むや前照灯

春暁のレールの音や漫ろ神

くにたみを養い給う稲穂かな

青き空蝉の躯を通り過ぎ

今ここはうつし世なりか花がすみ

冬の蚊を叩いて済まぬ厠かな

積み藁のひなたぼっこが続く道

寄り添いて雨に濡つや畦の菊

木鼠も揺かごも無し枇杷の枝

蝉の声蕎麦喰う膳に我独り

人の世に和み老木の冬支度

梅雨の宵光を乗せていく電車

田植え済みただ青き空白き雲

残り柿残して山に日は落ちぬ

積み藁も皆それぞれの寒さかな

春なれど未だ漕ぎ手無き小舟かな

ゴミを出し雨だれ落つるうなじかな

けわいして初夏の店先パンの艶